Make your own free website on Tripod.com
japanese

道場 六三郎(みちば ろくさぶろう)

初代・和の鉄人。
「素材に国境はない」「素材を成仏させる」などの名言を残す。
平成7年1月惜しまれつつ、引退。名誉鉄人となる。


profile

1931年1月3日石川県に生まれる。
1950年に上京。銀座「くろかべ」、芝浦「ぼたん」、赤坂「常盤家」などで修業。
1971年銀座に「ろくさん亭」を開店する。


shop

ろくさん亭

住所:東京都中央区銀座8−8−7 第3ソワレド銀座ビル8・9階
電話番号:03−3571−1763
休業日:日・祝日


戦歴

戦 歴

注意:スペシャルでの戦いは、別になっていますので、カウントしていません。
平成5年度挑戦者勝敗コメント
フォアグラ対決小早川陽青和食には使わないテーマを、見事に使い切った。
ロブスター対決周富輝当時は予選があって、春巻きだったそうです。
カニ対決周富徳弟富輝の敵討ちにきたが、返り討ちにあう。
平成6年度 
豚対決周富徳×リターンマッチ。道場さんが圧力鍋で焦げ付かせてしまった。
卵対決星野淳挑戦者は学校の先生。やはり、プロにはかなわず。
鯛対決田辺年男 
アナゴ対決正木数義神田川軍団が道場さんに初めて挑んできた。
チーズ対決小田倉秀昭チーズと味噌を組み合わせた豪快鍋が印象的。
米対決後藤紘一良当時、米不足のため、テーマ素材はブレンド米だった。粥羹が印象的
トリュフ対決服部幸應服部先生が鉄人になりたいという野望で挑戦してきた。
納豆対決石川邦行同じ料理界で師範という挑戦者。道場さんの攻撃的な料理に対し、守りの料理となっていた。
鮎対決花戸克巳神田川軍団からの挑戦者。
マグロ対決米良隆日本一長い包丁を使う挑戦者。
スズキ対決ジョエル・ブリュアン
古高雅史
×初めてのタッグマッチ。陳さんと一緒にタッグを組むが、残念ながら負ける。
鰻対決吉田靖彦 
とうもろこし対決中澤敬二挑戦者はフランス人に生まれたかったという。
ピーマン対決アルトア・ルター× 
秋刀魚対決廣井勉 
フカヒレ対決許 沛榮炊飯器が作動しないという事態が発生したが、圧力釜で乗り切る。
あんこう対決河田康雄同郷の挑戦者。道場さん、吊し切りを見事に見せてくれる。
あじ対決梅宮辰夫芸能界からの挑戦者。
七面鳥対決古庄浩推薦者が野村監督(当時:ヤクルト)の挑戦者。
平成7年度 
松葉ガニ対決鈴木眞雄 
卵対決王志堅 
甘鯛対決玉野圭介 
ブロッコリー対決城悦男 
ワタリガニ対決曽明星× 
梅干し対決梶憲司復帰第一試合。
トマト対決サルヴァトーレ・クオモ
ラファエレ・クオモ
 
松茸対決野田稔 
ジャガイモ対決林訓美引分初めての引き分け。
【延長戦】
サツマイモ対決
林訓美30分しかない試合。
道場さんがこの後また引き分けだったらどうするという?という問いに対して 「もうしらん」と言っていた。
通算成績 27勝4敗1分


データ集にもどる